ノルウェージャンフォレストキャットのまめ知識

ノルウェージャンフォレストキャット(Norwegian Forest Cat)は長毛種で原産はノルウェー、スカンジナビア半島を中心とした北ヨーロッパで、非常に寒冷な気候でも適応している。ノルウェーでは、このネコはよく知られた存在で、スコッグ・キャッター“Skogkatter”もしくはスコウキャッター“Skaukatter”と呼ばれている。(“skog”と“skau”はどちらも『森』に対する言葉で、ノルウェーの方言によって語の形が異なる)よく知る人は、特性からノースク・スコッグキャト“Norsk Skogkatt”(文字通り、ノルウェーの森林ネコ)と呼ぶ。ノルウェージャンフォレストキャットは原産地域の寒冷気候への自然適合として起こった非常に古い種類の猫であり、彼らはメインクーン長毛種のマン島の猫の先祖であるとか、人間がトルコから運んできたアンゴラと地元のショートヘアーの交配により誕生した等の説がある。

 

行動面の特徴

ノルウェージャンフォレストキャットは、メインクーンの様に、知的で強くお茶目な品種である。寒冷な環境によく適し、高貴なハンターの面を持つ。屋外を非常に好み人とじゃれあう事をとても楽しむ。

他の飼い猫と交流を持つと、ときどきそこへ行く。とても忍耐強く簡単な圧迫に屈さない。

屋外の彼らは木によじ登ぼることで高い視点から周囲を理解するが、木に登ること自体も楽しむ。

また屋内においては、本棚や家電製品などの高いところに上ることを好み、こうした屋内での行為は野性の名残であり家の中での自身の地位をアピールするためのものと考えられる。